サステナビリティへの取り組み

Sustainability

国連グローバル・コンパクトへの署名

私たちは2016年11月、持続可能な社会を実現するため、国連グローバル・コンパクトが掲げる「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」からなる10原則を支持することを表明しました。基本理念に基づき、多様化しグローバル化する社会の変化に柔軟に対応していきます。

SDGsへの取り組み

私たちはSDGs(持続可能な開発目標)で掲げられた17目標のうち、世界、日本、地域社会、職員に貢献できる目標として12目標を選定し、2030年に向けて事業活動を進めます。特に環境分野への取組みは最重要事項と捉え、事業活動に伴う環境負荷低減に取り組みます。

第三者機関によるCSR評価

私たちは第三者機関であるEcoVadisにより、社会的責任(CSR)に関する方針、施策,活動,取組みの成果に対し評価を受けています。CSR評価は、環境、労働と人権、倫理、資材調達の視点で行われます。2022年度はEcoVadisによるサステナビリティ評価で総合スコアが上位50%以上の企業に付与されるブロンズメダルを取得しました。

第三者機関による動物福祉認証

一般財団法人日本食品分析センター千歳研究所は、一般財団法人日本医薬情報センターにより、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」への適合認定を受けました。

認定日
2023年12月24日
認定番号
23-147

サステナビリティ報告書

国連グローバル・コンパクト原則への取り組み、SDGsへの取り組みなど、持続可能な社会実現に向けた日本食品分析センターの活動とその成果を取りまとめたサステナビリティ報告書2023を発行しました。

サステナビリティ報告書2023

本レポートは国連グローバル・コンパクトのWebサイトにおいても公開されています。

国連GCの掲載ホームページ