WEBからお申し込み

Application

分析ナビ@jfrlで

簡単お申し込み&見積もり

Webで分析試験のお申し込みや見積要請ができる受託サービスです。より便利に楽に分析依頼がご利用いただけます。

ログイン(ID認証)矢印

ログイン(電子認証)矢印

ユーザー登録はこちら矢印
※ご利用にはユーザーの登録が必要になります。

分析ナビ@jfrl特徴

  • 時計の画像
  • ポイント1
  • 5年分の履歴管理
  • Web上でご依頼の履歴管理が
    できます。(5年分)
  • ログインの画像
  • ポイント2
  • 好きな時間にログイン可能
  • 全日7時から24時までログイン
    可能ですので、お客様のご都合に
    あわせてご利用できます。
  • CSV,PDFファイルの画像
  • ポイント3
  • 電子媒体対応
  • 結果ご利用コースでは成績書をpdfやcsv等の電子媒体で受け取ることも可能です。
  • グラフの画像
  • ポイント4
  • 結果速報
  • 結果ご利用コースではWeb上で結果速報が閲覧できます。
  • 申し込み用紙の画像
  • ポイント5
  • 申し込みが簡単
  • 過去の依頼内容や検体のコピー機能があるので、楽にお申し込みが可能です。

ご利用コース

分析ナビ@jfrlでは、お客様のニーズに応えて、下記の3つのご利用コースを用意しています。
特に結果ご利用コース(電子認証)は高いセキュリティと試験結果の速報が見れるなど、
人気の高いコースとなっています。

お申し込みコース

ID認証

電子認証

- 認証方法
ログインID・パスワード
- ご利用概要
概算料金の確認 / 必要検体量の確認 / 分析試験のお申し込み / 見積書の提出 
/ 成績書は紙で提供
- 特記事項
結果の閲覧はできません。

結果ご利用コース

ID認証

電子認証

- 認証方法
ログインID・パスワード
- ご利用概要
概算料金の確認 / 必要検体量の確認 / 分析試験のお申し込み / 見積書の提出
試験結果の速報(csvデータのダウンロードが可能)
電子媒体(pdf・csv)での成績書のご提供(紙も選択可能)
- 特記事項
結果の閲覧期間は1年分です。セキュリティについてよくご理解の上ご利用下さい。

結果ご利用コース

ID認証

電子認証

- 認証方法
ログインID・パスワード
クライアント証明書(ID認証方式より、よりセキュリティが高いコースです。)
- ご利用概要
概算料金の確認 / 必要検体量の確認 / 分析試験のお申し込み / 見積書の提出
試験結果の速報(csvデータのダウンロードが可能)
電子媒体(pdf・csv)での成績書 のご提供(紙も選択可能)
- 特記事項
結果の閲覧期間は5年分です。

サービスの概要

    1番
  • 依頼状況確認
  • 依頼の履歴が一覧に表示されます。
    依頼内容の検索・閲覧ができます(5年分)。
    過去の依頼内容をコピーして簡単に申し込みいただけます。グループでの利用が可能です。一覧表示にグループ化されたお客様の依頼が全て表示され、相互に依頼内容の確認ができます。

矢印

    2番
  • 検体項目
    情報入力
  • 検体情報入力と項目の選択を行い、依頼を作成します。項目ごとの単価料金や、必要検体量目安が確認できます。

矢印

    3番
  • 料金概算の確認
  • 選択された項目の料金概算が表示されます。
    依頼の概算金額を確認します。

矢印

    4番
  • お申し込み
  • 申込内容をご確認いただいた後、作成された依頼について見積もりの依頼 (料金概算よりも詳細な見積もりの依頼ができます)ご依頼申込のいずれかを選択して申し込みます。
    作成した依頼内容は、申し込みまで一時保存することができます。後ほどお送りする予約受付票(または申込み受付のお知らせメール)を同封して検体を発送します。
    (配送料金は別途必要となります)。

矢印

    5番
  • 結果のご確認
  • 【結果ご利用コース】にお申し込みいただくと、結果まで確認することができます。中間報告にて、成績書よりも早く分析結果が確認でき、またcsvデータがダウンロードいただけます。
    成績書をpdf又はcsvデータとしてWebからダウンロードできます。ただし、英文成績書は、ご郵送となります。依頼内容から分析結果まで全てWebに情報が蓄積されるので、ペーパーレスが実現できます。結果の閲覧期間はコースにより異なります。
    ・結果ご利用コース(電子認証)⇒5年分の結果を閲覧いただけます。
    ・結果ご利用コース(ID認証)⇒1年分の結果を閲覧いただけます。

分析ナビ@jfrlのセキュリティについて

  • -
    • お客様の情報は厳重なセキュリティにて管理されています。
    • ログインID及びパスワードによる利用者の特定
    • 暗号化通信で第三者による傍受の防止
    • JFRL Webサイトのサーバの証明
  • -
    • 電子認証方式ではさらに電子証明書による、よりセキュリティの高い利用者の特定を行います。
  • -
    • ご利用に当たっては、ユーザー登録が必要となります。

お申し込み上の注意

※分析ナビ@jfrlの推奨環境はWindows のInternet Explorer 11.0及びGoogle Chromeです。MacOSには対応しておりません。ご了承下さい。

※ユーザー登録されるお客様は、以下の利用規約をお読みになり、同意された方となります。

※「同意する」ボタンを押したあとに開く画面の中央「新規ユーザー登録」ボタンより、ユーザー登録画面に移り、必要事項をご入力下さい。

※また、登録にあたっては、弊財団の「個人情報保護方針」、分析試験のお申し込みにあたっては「約款」をよくお読みいただき、登録及びご利用ください。

Ver10

「分析ナビ@jfrl」利用規約

(利用規約)
第1条 この利用規約は、一般財団法人日本食品分析センター(以下「当財団」という。)が提供する「分析ナビ@jfrl」のサービスを、登録利用者が利用するすべてについて適用します。登録利用者は、本規約の内容を十分に理解した上で、自らの判断と責任において、利用することとします。
(利用規約の変更)
第2条 当財団は、登録利用者の了承を得ることなく、本規約を変更することができます。本規約の変更は、変更後の規約の発効日の少なくとも1か月以上前に、発効日を明示したうえ変更後の規約を、当財団のホームページもしくは当サイト上に掲示することによりお知らせいたします。この場合、発効日以降の利用条件は変更後の本規約によるものとし、変更前に登録された利用者にも適用されるものとします。登録利用者が、変更に同意されない場合は、本規約変更の発効日より前に、分析ナビ@jfrl のサービス利用を解約するものとし、発効日前までに解約手続をとらなかった登録利用者は、変更に同意したものとみなされるものとします。
(登録利用者)
第3条 登録利用者とは、本規約の内容を承諾したうえで、当財団に分析ナビ@jfrl の利用を申し込み、当財団がこれを承認し登録した者をいいます。
2. 登録利用者は、本規約に定める事項を遵守しなければなりません。
(登録の承認および不承認)
第4条 当財団は、書面またはインターネットから申し込みを受け付け、必要な審査・手続き等を経た後に登録を承認します。
2. 当財団は、審査の結果登録申込者が以下のいずれかに該当すると判断したときは、当該登録申込者の登録を承認しない場合があります。
(1) 登録申込者が実在しないとき
(2) 企業活動をしていないか、または実質的に企業活動を休止しているとき
(3) 登録申し込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあるとき
(4) 過去に当財団の利用規約の違反等で登録抹消の措置を受けたことがあるとき
(5) 当財団の業務の遂行上または技術的支障があるとき、または支障の生じる恐れがあるとき
(6)  登録申込者または登録申込者の関係会社もしくはこれらの役員と従業員のいずれかが、反社会的勢力関与者もしくはそのおそれがあると当財団が判断したとき
(7)  登録申込者または登録申込者の関係会社もしくはこれらの役員と従業員のいずれかが、反社会的勢力関与者となんらの協力、資金もしくは取引関係を有するか、そのおそれがあると当財団が判断したとき
(8)  その他、当財団が登録利用者として不適切と判断したとき
3. 当財団は、登録を承認したときは、登録利用者に対して、速やかにログインIDおよびパスワードを発行し、分析ナビ@jfrlに情報を登録します。
(利用環境)
第5条 分析ナビ@jfrlが利用できるパソコンの機種およびブラウザのバージョンは、当財団所定のものに限ります。
(利用日および時間)
第6条 ご利用可能日・時間は、当財団所定の日および時間内とします。なお、当財団は利用日および時間を登録利用者に事前に通知することなく変更することができるものとします。
2. 当財団の責によらない回線障害、回線工事等が発生した場合は、利用可能時間中であっても登録利用者に予告することなく一時停止または中止することがあります。
(サービスの利用開始)
第7条 登録利用者が分析ナビ@jfrlの利用を開始する場合は、インターネットまたは当財団所定の様式による申し込みが必要です。
(利用コースとサービス範囲)
第8条 分析ナビ@jfrlのサービス利用に際し、利用コースによりサービス範囲が異なります。
1. 結果利用コース(電子認証)
クライアント証明書およびログインID・パスワードにより登録利用者ご本人であることを確認(認証)します。分析試験のお見積り、お申し込みに加え、試験結果のご提供をご利用いただけます。
2. 結果利用コース(ID認証)
ログインID・パスワードにより登録利用者ご本人であることを確認(認証)します。分析試験のお見積り、お申込みに加え、試験結果のご提供をご利用いただけます。
3. お申込みコース(ID認証)
ログインID・パスワードにより登録利用者ご本人であることを確認(認証)します。分析試験のお見積りとお申し込みができますが、試験結果はご利用いただけません。
(クライアント証明書の取り扱い)
第9条 クライアント証明書を利用する場合、登録利用者は当財団が発行するクライアント証明書を当財団所定の方法でパソコンにインストールすることとします。その際、クライアント証明書は、1登録利用者に対して1枚を発行し、1台のパソコン(1Windowsユーザ)に対してインストール可能とします。
2. クライアント証明書は、当財団所定の期間に限り有効です。登録利用者は、当財団所定の方法により有効期間が満了する前にクライアント証明書の更新を行うこととします。なお、分析ナビ@jfrlを解約した場合、インストールしたクライアント証明書は無効となります。
3. パソコンの譲渡・廃棄等を行う場合は、クライアント証明書の削除(失効手続き)を行ってください。当財団は、削除(失効手続き)を行わない場合の事故については責任を負いません。譲渡・廃棄・移管等を行って新しいパソコンを使用する場合、当財団に連絡のうえクライアント証明書を再インストールしてください。
4. 上記1~3の手続きは、ID認証方式を利用する場合は必要ありません。
(解約手続き不履行のリスク)
第10条 当財団に対する解約手続きが行われないまま登録利用者が退職等の理由で所属組織を離れた場合、当該登録利用者は、継続して分析ナビ@jfrlから得られる情報を入手することができます。当該登録利用者がグループ化で利用しているときは、同一グループ内の情報も同様となります。
解約手続きの不履行により、情報が第三者に漏えいするリスクを了承したうえで利用を申し込むものとします。
(ログインIDおよびパスワードの管理責任)
第11条 登録利用者は、自己のログインIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。
2.当財団は、登録利用者のログインIDおよびパスワードにつき、不正使用・盗用および通信電文の改ざん等により当該利用者が被る被害については、当該利用者の故意または過失の有無にかかわらず、一切責任を負いません。
(事故・失念・利用停止、安全性の確保等)
第12条 クライアント証明、ログインID・パスワードが第三者に知られたまたは盗まれた場合は、登録利用者は当財団に書面により届け出ることとします。この届出に基づき当財団は利用を停止します。この届出の前に登録利用者に生じた損害について、当財団は責任を負いません。
2.ログインIDおよびパスワードを失念した場合、所定の届出により再設定することができます。
3.登録利用者が、ログインIDまたはパスワードを5回連続誤入力した場合、利用を停止する場合があります。この場合登録利用者は、再登録の手続きを行うこととします。ただし、当財団が認めた場合は、メール等での申告により、再登録の手続きを行わずに利用停止を解除することができます。
4.安全性を高めるため、登録利用者本人がパスワードを定期的に変更することとします。
(サービスの利用期間)
第13条 当財団が、分析ナビ@jfrlに情報登録後1年間とします。ただし、サービス利用期間内にログインがあった場合はログイン日から1年後まで自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。
(届出内容の変更)
第14条 登録利用者は、登録申し込み時に届け出た情報について変更が生じた場合、速やかに当財団所定の様式により変更の届出をしてください。
2.前項の変更届出がなかったことで、登録利用者が不利益を被った場合、当財団は一切責任を負いません。
(私的利用の範囲外の利用禁止)
第15条 登録利用者は、当財団が承認した場合を除き、分析ナビ@jfrlの利用を通じて入手したいかなるデータ、情報、文章、ソフトウェア等(以下、併せて「データ等」という。)も、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版のために利用することを禁じます。
(内容等の変更)
第16条 当財団は、運営および保守管理、改善、改良などの必要があるときは、分析ナビ@jfrlの内容・名称等を変更することがあります。
(申し込みに基づく分析試験の取り扱い)
第17条 分析試験を申し込む際は、当財団の約款をご一読いただき、内容をご了承ください。
(個人情報保護方針)
第18条 当財団は、登録利用者の個人情報を適切に取り扱います。個人情報保護方針については「一般財団法人日本食品分析センター 個人情報保護方針」をご確認ください。
(クッキーの使用について)
第19条 当財団は登録利用者の認証を目的として、クッキー(cookie)の技術を使用します。登録利用者がサービスを利用するためには、クッキーを受け付けることが条件となりますので、ブラウザでクッキーを拒否するための設定を行った場合、サービスの利用はできません。
(禁止事項)
第20条 登録利用者が以下の行為を行うことを禁じます。
(1) 当財団または第三者に損害を与える行為、またはその恐れのある行為
(2) 当財団または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為、またはその恐れのある行為
(3) 公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為
(4) 他人のメールアドレスを登録するなど、虚偽の申告、届出を行う行為
(5) コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用または提供する行為
(6) 迷惑メール、メールマガジン等を一方的に送付する行為
(7) 法令に違反する行為、またはその恐れがある行為
(8) 他の登録利用者のログインID・パスワードを不正に使用する行為
(9) その他、当財団が不適切と判断する行為
2.上記に違反した場合、当財団は登録利用者に対し損害賠償請求をすることができることに、登録利用者は同意します。
(利用資格の取り消し)
第21条 以下のいずれかに該当する場合、登録利用者は利用資格を失うものとします。
(1) 本規約に違反する行為を行ったとき
(2) 前条の(禁止事項)に該当する行為を行ったとき
(3) 支払いの停止または破産手続き開始、民事再生手続き開始・会社更生手続き開始、もしくは特別清算開始、その他これに類する法的整理手続きの開始の申し立てがあったとき
(4) 登録利用者の届出事項に変更があったにもかかわらず届出を怠るなど、登録利用者の責に帰すべき事由によって当財団において利用者の所在が不明になったとき
(5) Eメールアドレスを保有しなかったとき
(6) 第4条第2項(5)号から(7)号のいずれかに該当するとき
(7) その他、当財団が登録利用者として不適切と判断したとき
(免責事項)
第22条 以下のようなパソコン・通信機器・通信回線等の障害によるサービスの遅延および停止等が生じた場合、これによって登録利用者に生じた障害については、当財団は賠償責任を負いません。
(1) 登録利用者のパソコンが故障したとき、または登録利用者の誤操作によるとき
(2) 当財団が相当な安全対策を講じたにもかかわらず、パソコン、通信機器、通信回線またはコンピューター等に障害が生じたとき
(3) 災害・事変、裁判所等公的機関の措置等のやむをえない事由があったとき
2. 登録利用者届出情報との一致を確認して取り扱ったうえは、不正使用その他の事故があっても、そのために登録利用者に生じた損害について当財団は賠償責任を負いません。
3. 当財団が受け付けた依頼内容に瑕疵があり、受託業務を行えなかった場合、または遅延したことによる登録利用者の損害については、当財団はその賠償責任を負いません。
4. 本サービスを利用しての申し込みに対する回答内容、通知内容または報告内容に変更・修正があった場合は、その旨をご連絡した上、すでに回答、通知または報告した内容について、変更または取り消しさせていただきます。
(秘密保持)
第23条 当財団は、分析ナビ@jfrlへの登録事項等について、ご指示いただいた場合を除き、第三者に原則開示することはいたしません。
(解約等)
第24条 登録利用者の都合により解約する場合は、当財団所定の様式によるものとします。
(準拠法および合意管轄)
第25条 本規約は日本国法に準拠し、日本国法に従って解釈されるものとします。本規約に係る一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
<別表>
○利用可能日・時間等
ログイン可能時間帯 全日 7時 ~ 24時まで
※ただし、分析ナビ@jfrl よりお申し込みいただいたご依頼の受付事務およびお問合せ対応は、営業時間内(月曜日~金曜日 9:00~17:30 尚、祝日と年末年始を除く)にさせていただきます。
○登録利用者の届出様式は以下のとおりです。
・分析ナビ@jfrl 利用申込書(様式 1)
・分析ナビ@jfrl 登録内容変更申請書(様式 2)
・分析ナビ@jfrl解約届け(様式 3)
○試験お申込み情報の閲覧
お申込み日の翌年1月1日から起算して5年目の12月31日まで閲覧できます。
お申し込み履歴、お見積書等を上記の期間閲覧いただけます。
○結果閲覧
結果ご利用コース(電子認証)では、お申込み日の翌年1月1日から起算して5年目の12月31日まで閲覧できます。
結果ご利用コース(ID認証)では、お申込み日の翌年12月31日までとなります。
同意して申し込む