自分を活かせる場所が、ここには必ずある

2011年採用微生物研究課

採用情報 新卒<大学・修士>

自分を活かせる場所が、ここには必ずある

2011年採用

微生物研究課

抗菌製品を見たときに感じる"やりがい"

坂本さんの写真

私は微生物を用いた様々な評価試験を行う部署に所属し、抗菌剤やそれを用いて加工された様々な製品に対する抗菌力試験、消毒剤などの殺菌効果試験、化粧品に含まれる防腐剤の効果を調べる保存効力試験を主に担当しています。抗菌力試験では抗菌加工が施されたプラスチック製品や金属製品、繊維製品などを規格に従って試験しています。日常生活で「抗菌や除菌」などのワードを見たりすると、自分の仕事が世の中の役に立っていることを感じます。

コミュニケーションを重視し、働きやすい環境を

坂本さんの写真

私の課は若い職員も多く、わりと賑やかな雰囲気の中で仕事をしています。上司に相談しやすい環境や、新入職員のサポート体制がしっかりしていることがそういった雰囲気を作っていると思います。私自身もコミュニケーションを取りやすい雰囲気づくりを心がけていますね。後輩や新入職員が質問や相談をしやすい環境にしたいと考えています。

センターなら、学生時代の経験を活かせる

坂本さんの写真

微生物を扱う仕事に就きたくて、私は日本食品分析センターを志望しました。面接でも微生物に関わる分析がしたいと伝えました。日本食品分析センターは、食品分野だけでなく、医薬品、化学工業品も含めた幅広い分野での多岐に渡る分析試験を担っているので、自分が今まで勉強してきたことや、経験してきたことを活かせる場所が必ずあると思います。学生時代に学んだことや経験したことを活かしたいと思うなら、ぜひ日本食品分析センターに入社して下さい。