画像名

Society Study Group Actibity

学会に発表した事項

    第162回日本獣医学会学術集会(9月 茨城)
    「コットンラットの下咽頭梨状窩瘻を構成する細胞の組織化学的特徴」

     

    日本食品科学工学会 第66回大会(8月 北海道)
    「脂質分析における固相抽出法の導入」

     

    AOAC INTERNATIONAL JAPAN SECTION 第22回年次大会(7月 東京)
    「食品用器具・容器包装試験における分析値の信頼性確保のために」(ポスター発表)
    「LC-MS/MSを用いたテトラサイクリン系抗生物質分析法の畜産物への適用」(ポスター発表)

     

    日本分析化学会有機微量分析研究懇談会第36回合同シンポジウム(6月 京都府)
    「定量核磁気共鳴スペクトル法を用いた高含量有機化合物における水分量の測定」

     

    日本食品化学学会 第25回総会・学術大会(6月 長野県)
    「固相抽出を用いた海藻中の無機ヒ素および有機ヒ素の分析法開発」
    「LC-MSを用いた人参サポニンの高感度分析法の検討」

     

    第73回日本栄養食糧学会大会(5月 静岡県)
    「ニトベギク由来オリザビンはPMA刺激ヒト単球THP-1細胞のPTEN発現を促進しAktリン酸化とCD36の発現を抑制する」

     

    第51回日本食品微生物学会学術セミナー(5月 千葉県)
    「食品のカビ汚染の現状,最近問題となるカビ」

学会誌等に掲載した事項

    PLoS ONE 14(8): e0221939.
    Slc:Wistar/ST rats develop unilateral thyroid dysgenesis: A novel animal model of thyroid hemiagenesis」

     

    包装技術2019 9月号 (五十七巻第九号)
     特集●検査技術の最新動向「容器包装に関する異物分析試験」

     

    Angewante Chemie International Edition 2019, Vol.58, 10168-10172
    「Critical Switching of Cyclization Modes of Polyepoxides in Acidic Aqueous Media and Neutral Water: Synthesis and Revised Structure of a Nerolidol-Type Sesquiterpenoid」

     

    Food Analytical Methods
    「A Dilute-and-Shoot ICP-MS Method for Analysis of Selenium in LiquidInfant Formula」

     

    臨床免疫・アレルギー科 71(6):603-607
    「新生子MRL/MpJマウスにおいて卵巣マスト細胞は卵巣-卵巣采結合部の方向に遊走する -局在変化が明らかにするマスト細胞の新たな役割-」

     

    最新の異物混入防止・有害生物対策技術 共著

     

    日本食品科学工学会誌 2019年6月 vol.66
    「日本食品標準成分表のための新しい食物繊維測定法の検証」