平成18年度


平成18年度に学会に発表した事項

25. 「栄養表示のためのB群ビタミンの分析と表面プラズモン分析法」
食の安全と健康シンポジウム(3月 東京)
24. 「Ti-Zr合金の表面粗さの違いによる骨適合性への影響」
日本毒性病理学会第23回大会(1月 東京)
23. 「医療機器GLP適合性調査事例報告」
日本QA研究会適合性調査事例報告会GLP部会第一分科会(12月 東京)
22. 「MXの分析法の検討」
「亜塩素酸・二酸化塩素の分析について」
全国飲料水検査研究発表会(11月 東京)
21. 「LC/MS/MSを用いた農薬一斉分析に関する検討」ポスター発表
「LC/MSによる農作物中のジヒドロストレプトマイシン及びストレプトマイシン分析法」ポスター発表
「ジチオカルバメート系農薬(マンネブ及びチラム)の磨砕試料中の保存安定性の向上について」ポスター発表
第29回農薬残留分析研究会(11月 大阪)
20. 「IMPLEMENTATION PROGRAMME FOR THE NEW HARMONIZED CHAPTERS IN JAPANESE PHARMACOPOEIA」
International Symposium ; New Microbiology Chapters of the European Pharmacopoeia(10月 フランス)
19. 「MXの分析法の検討」
「亜塩素酸・二酸化塩素の分析について」
飲料水検査技術研修会(10月 神奈川)
18. 「光触媒酸化チタンのノロウィルス代替ウイルス等に対する不活化作用の検討」
「シンポジウム1-文化財の保存を科学する『文化財保存の立場でのカビ対策-防カビ手段,抗カビ試験,抗カビ剤』」
日本防菌防黴学会2006年度若手の会(10月 奈良)
17. 「LC/MSによる鶏肉中のポリエーテル系抗生物質の分析法」
「食品製造ライン洗浄水中の微量タンパク質測定法の開発」ポスター発表
「特定原材料試験における添加回収試験の検討」
「TL法による放射線照射香辛料の放射線照射の検知に関する検討」
「玄米中のオクラトキシンA分析法の複数機関による評価」
「乾燥食品等に対する残留農薬LC/MS/MS一斉分析法の検討」
(社)日本食品衛生学会第92回学術講演会(10月 愛知)
16. 「加工食品の食物繊維測定法について~酵素-HPLC法による低分子水溶性食物繊維の定量~」ポスター発表
食品分析研究会(9月 東京)
15. 「最近の食品機能成分とその分析における課題」
バイオ産業研究会(9月 大阪)
14. 「Development of simple and rapid assays for Diarrhetic Shellfish Toxins and Yessotoxins based on enzyme inhibition and ELISA」
「Preparation and simultaneous LC-MS analysis of fourteen shellfish toxins」 ポスター発表
12th International Conference on Harmful Algae(9月 デンマーク)
13. 「Optimized Pre-fractionation Method for Trans Fatty Acids Quantification Using a Commercial Ag+ Cartridge Column 」
120th AOAC Annual Meeting(9月 アメリカ)
12. 「LC/MSを用いたテフルベンズロン等7物質の分析」口頭,ポスター発表
第9回日本水環境学会(9月 東京)
11. 「抽出油の過酸化物価(PV)分析法の再現性改良」
「脂質分析におけるソックスレー抽出法と自動迅速抽出法との比較」ポスター発表
「グルコアミラーゼを用いた糊化度分析法の検証」ポスター発表
「ジベンゾイルチアミンを考慮した加工食品中の総ビタミンB1新規定量法」
「増粘多糖類がビタミンCの定量に及ぼす影響とその添加判別法及び除去法」ポスター発表
食品分析研究会・学術集会(9月 東京)
10. 「加工食品中の総ヒ素定量における湿式分解法の検討」
「キレート樹脂固相抽出を用いた食品中の金属元素の分析」
日本分析化学会第55年会(9月 大阪)
9. 「市販生野菜の細菌汚染」
「食品からの腸管出血性大腸菌血清型O157及びO26の検出法に関するコラボレイティブ・スタディの実施概要について」
「リテールHACCPシステムにおける検証としての微生物検査」
「食品中のサルモネラ検査法の標準化」国立医薬品食品衛生研究所等との協同発表
日本食品微生物学会第27回学術総会(9月 大阪)
8. 「機能性食品素材の過酸化物価測定に及ぼす影響」
「各種食品の電位差滴定による過酸化物価測定法の検討」
第45回日本油化学会年会(9月 千葉)
7. 「グルコアミラーゼを用いた糊化度分析方法の見直し」
「増粘多糖類がビタミンCの定量に及ぼす影響とその添加判別法」
「ジベンゾイルチアミンを含む食品中のビタミンB1新規定量法」
「Capsaicinoidsの分析法の検討及び唐辛子入り市販加工食品中の含有量の調査」
「表面プラズモン法を用いるビタミンB12分析法の検証」
日本食品科学工学会第53回大会(8月 神奈川)
6. 「Chemistry and Etiology of Marine Toxins」
ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural
Products(7月 徳島)
5. 「Assays and Analytical Methods for Determining Lipophilic Shellfish Toxins」
72th KoSFoST Annual Meeting(6月 韓国)
4. 「食事試料中におけるポリ塩化ターフェニル(PCTs)分析法の検討」ポスター発表
「環境試料における臭素化ダイオキシン類の前処理方法の検討」ポスター発表
「MXの分析法の検討」ポスター発表
第15回環境化学討論会(6月 宮城)
3. 「加工食品中の微量ミネラル成分の分析-キレートディスク濃縮を用いたICP発光分析
法の検討」
「食品中クロム高感度・簡便分析法について-グラファイトファーネス原子吸光光度法」
日本食品化学学会第12回総会・学術大会(6月 愛知)
2. 「基礎講座-やさしいカビ検査法-『抗かび試験について』」
日本防菌防黴学会第33回年次大会(5月 東京)
1. 「バイオアッセイによる食肉中のβ-ラクタム系抗生物質のスクリーニング法の検討」
「バイオアッセイによる食肉中のテトラサイクリン系抗生物質のスクリーニング法の検討」
日本食品衛生学会第91回学術講演会(5月 東京)

平成18年度に学会誌等に掲載した事項

13. 「Detection Method of Genetically Modified Papaya Using Duplex PCR」
J.Food.Hyg.Soc.Japan Vol.47 No.4(2006)
12. 「A Simplified Modification of the AOAC Official Method for Determination of Total Dietary Fiber Using Newly Developed Enzymes:Preliminary Interlaboratory Study」Journal of AOAC INTERNATIONAL,Vol.90,225-237(2007)
11. 「分析検査機関の精度管理」
月刊フードケミカル2006年6月号
10. 「通知法解説 トリクロロ酢酸ナトリウム塩(農産物)」
食品衛生研究 Vol.57 No.3(2007)
9. 「通知法解説 2,2-DPA(農産物)」
食品衛生研究 Vol.57 No.2(2007)
8. 「通知法解説 DBEDC(農産物),イオドスルフロンメチル,エタメツルフロンメチル,エトキシスルフロン,シノスルフロン,スルホスルフロン,トリアスルフロン,ニコスルフロン,ピラゾスルフロンエチル,プリミスルフロンメチル,プロスルフロン及びリムスルフロン(農産物)」
「通知法解説 ダゾメット,メタム,メチルイソチオシアネート(農産物)」
食品衛生研究 Vol.56 No.11(2006)
7. 「通知法解説 プロヒドロジャスモン(農産物),クロチアニジン(農産物),クロチアニジン(畜産物)」
食品衛生研究 Vol.56 No.6(2006)
6. 「通知法解説 ビフェナゼート(畜産物),フェンアミドン(畜産物)」
食品衛生研究 Vol.56 No.5(2006)
5. 「通知法解説 ボスカリド(農産物),ボスカリド(畜産物)」
食品衛生研究 Vol.56 No.4(2006)
4. 「新・食品分析法2-食品機能と安全保証のための分析技術-(糖質関連成分)」分担執筆
日本食品科学工学会・食品分析研究会 共同編纂
3. 「γ-アミノ酪酸を添加したジャガイモスナック菓子の高血圧自然発症ラットにおける血圧効果作用」
日本食品科学工学会誌 第54巻 第2号(2007)
2. 「光触媒の殺菌・抗菌作用」
日本防菌防黴学会誌 Vol.34 No.10(2006)
1. 「牛個体識別を目的としたマイクロチップ電気泳動による Short Tandem Repeat (STR)多型の検出」
食品衛生学雑誌 Vol.47 No.6(2006)

学会、研究会事務局の引き受け

  1. (社)日本食品科学工学会
    ○関東支部
    ○中部支部
    ○関西支部
     
  2. 日本農薬学会農薬残留分析研究会
     
  3. 食品品質保持技術研究会
     
  4. 食品官能検査研究会
     
  5. 食品分析研究会
     
  6. 化粧品薬事研究会
     
  7. 東海機能水利用研究会
     
  8. ISO TC34(食品)/SC9(微生物)に係る国内審議団体