平成15年度


平成15年度に学会に発表した事項

18. 「LC/MSによるベンフラカルブの作物残留分析」
日本農薬学会第29回大会(3月 兵庫)
17. 「Evaluation for histomorphometry of osteogenesis by undecalcified bone section」
「Histmorphometrical parameter for evaluation of osteocompatibility of metal
implants with undecalcified bone section」
第20回日本毒性病理学会第5回国際毒性病理学会合同国際学術会議(2月 兵庫)
16. 「食品中のトコトリエノール定量分析の問題点」
第15回ビタミンE研究会(1月 東京)
15. 「LC/MSによるジベレリンの作物残留分析法」
「環境省告示試験法について」
日本農薬学会第26回農薬残留分析研究会ポスター発表(11月 和歌山)
14. 「LC/MSを用いた食品中の残留農薬の一斉分析法」
日本油化学会第3回基準油脂試験法セミナー(11月 東京)
13. 「日本における食物繊維分析の課題と方向性について -プロスキー・AOAC法の簡便化ならびに分別定量法のあり方-」
日本食物繊維研究会国際食物繊維シンポジウム(11月 東京)
12. 「ゴーヤ種子中の共役リノレン酸分析法の開発」
日本食品科学工学会中部支部大会(11月 愛知)
11. 「自動PCR細菌検出システムによる大腸菌O157の迅速検出法に関する検討」
「食品から分離されたBettsia sp.(好乾性糸状菌)の性状について」
第24回日本食品微生物学会学術総会(10月 岡山)
10. 「GC/NCI-MS法による食事試料中のトキサフェンの分析」
「遺伝子組換え農作物定性分析法のコラボレーションスタディー」
「ダイズ加工食品中の遺伝子組換え体の定量」
日本食品衛生学会第86回学術講演会(10月 岩手)
9. 「HydroxymatairesinolのDonryuラット子宮内膜癌に対する化学予防効果」
日本癌学会第62回総会(9月 愛知)
8. 「穀類等の植物性食品中のステロールの定量」
「ガスクロマトグラフ-質量分析計を用いた油脂中のリシノール酸の定量」
第42回日本油化学会年会(9月 愛知)
7. 「Photocatalytic degradation of PCDDs,PCDFs and coplanar-PCBs in exhaust fuel gas phase and waste water from waste industrial incinerator」
第23回ダイオキシン国際会議(8月 ボストン)
6. 「微生物検査における信頼性確保と精度管理」
日本食品微生物学会第19回学術セミナー(7月 福岡)
5. 「Multiresidue Analysis of Pesticides in Food using LC/MS」
The third Pan-Pacific Conference on Pesticide Science(6月 ハワイ)
4. 「イオントラップGC/MS/MSによるPOPs分析の基礎的検討」
日本環境化学会第12回環境化学討論会(6月 新潟)
3. 「膨張原因菌として分離されたArthrinium sp.の同定と性状」
日本菌学会第47回大会(5月 北海道)
2. 「食事試料中のトキサフェンの分析」
「食事試料中のミレックスの分析」
「ダイズ及びトウモロコシ加工食品中の遺伝子組換え体の定量」
「遺伝子組換え食品定量分析法のコラボレーションスタディーⅡ」
日本食品衛生学会第85回学術講演会(5月 東京)
1. 「抗イエッソトキシン抗体の作製」
「二枚貝ヘキサン可溶区の新規下痢性貝毒関連物質」
「酵素阻害法を用いるオカダ酸群測定キットの精度検証」
「ホタテガイ中におけるイエッソトキシンの蓄積性について」
2003(平成15年)年度日本水産学会大会(4月 東京)

平成15年度に学会誌等に掲載した事項

8. 「Concentrations of polychlorinated dibenzo-p-dioxins,polychlorinated
dibenzofurans,non-ortho polychlorinated biphenyls,and mono-ortho
polychlorinated biphenyls in Japanese flounder,with reference to the
relationship between body length and concentration」
J. Environ. Monit. 6, 201-208(2004)
7. 「Sources of polychlorinated dibenzo-p-dioxins(PCDDs), polychlorinated
dibenzofurans(PCDFs),and coplanar polychlorinated biphenyls(Co-PCBs),and their
bioaccumulation through the marine food web in Sendai Bay,Japan」
J. Environ. Monit. 5, 610-618(2003)
6. 「Inhibition of the development of hepatocellular carcinomas by phenyl N-tert-butyl nitrone in rats fed with a choline-deficient,L-amino acid-defined diet」
Cancer Letters Vol.206 No.1(2004)
5. 「Improved Methyl Esterification for GC Fatty Acid Determination in Fats and Oils」
Journal of Oleo Science Vol.52 No.11 589-596(2003)
4. 「A Modified Method to Estimate Total Carbonyl Compounds in Frying Oils Using 1-Butanol as a Solvent」
Journal of Oleo Science Vol.52 No.7 353-358(2003)
3. 「食物繊維のエネルギー評価と栄養表示」
食品と科学 Vol.45 No.8 pp.78~82(2003)
2. 「五訂日本食品標準成分表,栄養表示基準における成分等の分析法」
食品と開発 Vol.38 No.6 pp.20~23(2003)
1. 「抗菌加工製品について」
「特定原材料(卵)測定の厚生労働省通知ELISA法の複数機関による評価研究」
食品衛生学雑誌 Vol.44 No.5(2003)

学会、研究会事務局の引き受け

  1. (社)日本食品科学工学会
    ○関東支部
    ○中部支部
    ○関西支部

  2. 日本農薬学会農薬残留分析研究会

  3. 食品品質保持技術研究会

  4. 食品官能検査研究会

  5. 酵素法による食品分析研究会

  6. 化粧品薬事研究会

  7. 東海機能水利用研究会

  8. 食品表示懇談会

  9. ISO TC34(食品)/SC9(微生物)に係る国内審議団体