平成13年度


平成13年度に学会に発表した事項

10. 「クレゾールリン酸エステルの高速液体クロマトグラフィーによる定量」
日本薬学会第122回年会(3月 千葉)
9. 「「生食用魚介類製造工場の衛生対策」
日本防菌防黴学会2001年度合同大会(11月 島根)
8. 「NMRによるDHA及びn-3脂肪酸の分析」
日本油化学会第1回基準油脂分析試験法セミナー(11月 東京)
7. 「簡便なGLC法による食品中のコレステロールの定量」
第40回日本油化学会年会(10月 宮城)
6. 「Protein phosphatase 2A isolated from carps and scallops」
「Toxic Plankton」
International Commemorative Symposium of the Japanese Society of Fisheries
Science(10月 神奈川)
5. 「最近1年間に環境省より告示された農薬の作物残留分析法」
第24回農薬残留分析研究会(10月 新潟)
4. 「LC/MSによるビスフェノールA関連物質の同時分析」
日本食品衛生学会第82回学術講演会(10月 長崎)
3. 「食品関連容器包装から分離された好乾性糸状菌Eurotiumの同定と性状」
日本食品微生物学会第22回学術総会(10月 大阪)
2. 「固相抽出法を用いた水質試料中のダイオキシン類分析の検討」
日本環境化学会第10回環境化学討論会(5月 愛媛)
1. 「NMRによる魚類脂質トリグリセリド中のDHA,EPAの結合位置分布」
「日本沿岸産カイメン中のオカダ酸,ジノフィシストキシン群の分布について」
「ホタテガイ等に存在するプロテインフォスファターゼ2Aの含量及び性質」
日本水産学会春季大会(4月 東京)

平成13年度に学会誌等に掲載した事項

15. 「Determination of Docosahexaenoic Acid and n-3 fatty acids in Fish Oils by High Resolution Proton Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy: Collaborative Study by the Working Group (DHA/NMR subcommittee) Japan Oil Chemists' Society.」
Journal of Oleo Science, 51, 3, 175-182(2001)
14. 「Chronic effects in mice caused by oral administration of Sublethal doses of azaspiracid, a new marine toxin isolated from mussels.」
Toxicon, 40, 193-203(2002)
13. 「Comparison of oral and intraperitoneal toxicity of yessotoxin towards mice.」
Toxicon, 40, 77-82(2002)
12. 「Monthly variations in diarrhetic toxins and yessotoxin in shellfish from coast to the inner part of the Sognefjord, Norway.」
Toxicon, 39, 1035-1043(2001)
11. 「The Chemistry and Biological Function of Natural Marine Toxins.」
THE CHEMICAL RECORD, 1, 228-242(2001)
10. 「Absolute Configulation at C14 and C85 in Prymnesin-2, a Potent Hemolytic and Ichthyotoxic Glycoside Isolated from the Red Tide Alga Prymnesium parvum.」
CHIRALITY, 13, 601-605(2001)
9. 「Maitotoxin-induced calcium entry in human lymphocytes Modulation by Yessotoxin, Ca2+ channel blockers and kinases.」
Cellular Signalling 13, 711-716(2001)
8. 「Effects of neonatal exposure to a high-dose p-tert-octylphenol on the male reproductive tract in rats.」
Toxicol. Lett.,121, 21-33(2001)
7. 「Exposure to neonatal female rats to p-tert-octylphenol disrupts afternoon surges of luteinizing hormone, follicle-stimulating hormone and prolactin secretion, and interferes with sexual behavior in adulthood.」
Biol. Reprod., 64, 1216-1224(2001)
6. 「Effects of endocrine disrupting chemicals with estrogenic activity on the female reproductive system in rats.」
J. Toxicol. Pathol., 14, 83-86(2001)
5. 「Uterine Adenocarcinoma in N-Ethyl-N´-nitro-N-nitrosoguanidine-treated Rats with High-dose Exposure to p-tert-octylphenol during Adulthood.」
Jpn. J. Cancer Res., 93, 117-124(2002)
4. 「分析実務者が書いた五訂日本食品標準成分表分析マニュアルの解説」(中央法規出版)
3. 「貝毒試験の現状と標準品の調製」
FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN Vol.198 6-16(2002)
2. 「製菓原料の遺伝子組換え食品検査対応と検知技術の現状」
ジャパンフードサイエンス Vol.40 41-49(2001)
1. 「農薬残留分析におけるカートリッジカラムの利用」
植物防疫 Vol.56 No.2(2002)

学会、研究会事務局の引き受け

  1. (社)日本食品科学工学会
    ・関東支部
    ・中部支部
    ・関西支部

  2. 第22回日本食品微生物学会学術総会

  3. 食品品質保持技術研究会

  4. 食品官能検査研究会

  5. 酵素法による食品分析研究会

  6. 化粧品薬事研究会

  7. 東海機能水利用研究会