ごあいさつ

世界に広がる信頼の証


 私たち日本食品分析センターは、1957年の設立以来、信頼される分析試験結果を提供することはもとより新規分析技術を積極的に開発し、お客様の多様なご要望に応えてまいりました。

 現在では、食品のみならず、飼料、肥料、飲料水、包装資材、医薬品、医療機器、家庭用品、化成品さらには環境水・土壌等の多様な試験試料について、国内外の様々なお客様の要望にしたがい分析試験を実施しております。

photo_rijie2013.jpg このことは、お客様の課題解決のための良きパートナーでありたいと願い、新たな分野に挑戦してきた成果であると自負しております。 

 私たちは、これからも、私たちの分析試験結果が社会的に重要な意味を持つことを認識し、日本食品分析センターの試験報告書が国内はもとより世界中の国で、信頼の証として受け入れられるようますます研鑽してまいります。

 最後になりますが、日本食品分析センターは平成25年4月1日より一般財団法人に移行いたしました。これからも基本理念に則り、社会の進歩・発展に貢献すべく事業を展開してまいりますので、引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

理事長 佐藤 秀隆