37 水道法水質基準の改定について(2003年10月)

カテゴリ:

 水道法による水質基準が11年振りに改正され,50の水質基準項目が設定されました。一方で,水道事業者等は地域,原水の種類または浄水方法によって項目を選ぶことができるようになりました。旧基準に比べ削除された9項目,新規に決められた13項目の紹介の他に,対象となった項目の目標値,試験法,経過処置の扱いも含め,水質管理目標設定項目,要検討項目を一覧表のかたちでご紹介しています。(2003年11月現在の情報です。)

icon_file_pdf news_no37 (58KB)

記事の内容は,ニュース発行当時の情報に基づくものです。ホームページにはバックナンバーを掲載していますが,一部の内容は法改正により,変更されている可能性があります。現在の内容につきましては,最新の関連法規をご参照下さい。