ミネラルウォーター類における分析方法の変更について

 この度,ミネラルウォーター類におけるナトリウム,カリウム,カルシウム,マグネシウム及びこれらから算出する硬度について,分析方法を変更しますのでご案内申し上げます。 

 これらの試験項目は,原子吸光光度計,ICP発光分光分析装置により受託しておりました。今後,弊財団ではこれらの試験項目について,イオンクロマトグラフを使用した分析方法で対応をさせて頂きます。イオンクロマトグラフ導入に際しては,試験の妥当性評価を実施し問題の無いことを確認しております。

 なお,試験料金及び定量下限値について,変更はございません。

 継続してご依頼いただいているお客様にはご不便をおかけいたしますが,ご理解賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

- 記 -

 変更内容:

 分析項目分析方法
 変更前  

ナトリウム,カリウム

カルシウム,マグネシウム

原子吸光光度法

ICP発光分析法

 変更後 ナトリウム,カリウム,カルシウム,マグネシウム イオンクロマトグラフ法

※ 変更対象はミネラルウォーター類(炭酸水を含む)とし,香料及び糖類等を添加したもの及び海洋深層水などは対象外といたします。 

 

変更年月日:平成27年10月01日 受付分より

 

 試験内容のご相談,ご不明な点等ございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先
  一般財団法人日本食品分析センター
  多摩研究所 衛生化学部水質試験課 嶋内
  TEL 042-372-6711