JIS B 8701 「次亜塩素酸水生成装置」試験のご案内

JIS B 8701「次亜塩素酸水生成装置」が2017年10月20日に制定されました。   

次亜塩素酸水生成装置は,塩化物イオンを含む水溶液を電気分解して低濃度の次亜塩素酸を含有する次亜塩素酸水を生成する装置です。

次亜塩素酸水は,食品の殺菌や厨房の衛生管理等に有効であり,厚生労働省が食品衛生法施行規則において人の健康を損なうおそれのない食品添加物(殺菌料)に指定し,同時に,次亜塩素酸水生成装置の構造及び使用上の留意点等を通知しました。

弊財団では,JIS B 8701「次亜塩素酸水生成装置」に規定された品質及び安全性に関連する試験を承っております。

対象

次亜塩素酸水生成装置または電極

料 金(税抜)

JIS項番

性能

項目

許容濃度等

料金(円)

 5.1.2

 電極の性能
 (溶出性能)

 ニッケル

 0.01 mg/L未満
 (総量として)

 90,000

 クロム

 ルテニウム

 鉛

 チタン

 0.05 mg/L未満

 電極の性能
 (サイクル性能)

 有効塩素

 有効塩素発生率70 %以上

 受託して
 おりません

 5.2.2

 機械的安全性

 耐圧性能

 液漏れ等がないこと

 15,000

 水撃限界性能

 上昇圧力が1.5 MPa以下
 であること

 30,000

 逆流防止性能

 流入側への液漏れ等
 がないこと

 20,000

 5.3.1

 次亜塩素酸水の
 基本性能

 pH

 pH2.2~8.6

 76,500

 有効塩素

 10~100 mg/kg

 5.3.2

 次亜塩素酸水の
 殺菌性能

 大腸菌

 殺菌性能6.0以上

 62,500~

 黄色ブドウ球菌

 殺菌性能6.0以上

 5.3.3

 次亜塩素酸水の
 安全性

 カドミウム

 0.01 mg/L未満

 144,500
 (5.3.1と
 同時の場合,
 94,500)

 水銀

 0.0005 mg/L未満

 鉛

 0.1 mg/L未満

 ひ素

 0.05 mg/L未満

 六価クロム

 0.05 mg/L未満

 白金

 0.05 mg/L未満

 チタン

 0.05 mg/L未満

 イリジウム

 0.05 mg/L未満

 

試験期間

 約1ヵ月

お問合せ

問い合わせ先
  一般財団法人日本食品分析センター
  多摩研究所 水質試験課
  TEL 042‐372‐6707 FAX 042-372-6942