飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令一部改正のご案内

 飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令(昭和51年農林省令第35号)は,平成25年9月2日に一部改正が行われ(農林水産省令第60号),別表第2(飼料添加物関係)が改められました。改正の主な内容は以下をご覧ください。
 弊財団では改正された分析試験に即日対応し受託しております。お客様の様々なニーズに対応致しますので,お気軽にお問い合わせ,ご相談ください。
 メールによるお問い合わせはこちらから 


改正の主な内容

1.現在一般的に用いられている試験法への変更

 試験従事者の健康を考慮し,クロロホルム等の有害試薬を使用しないヒ素や鉛の試験法が追加され,現在の科学的知見を反映して試験法が削除・変更されました。
 また,表現の統一及び明確化が行われました。

 

2. 国際・国内規格に準拠した濃度表記等への変更

 各種単位の国際単位系への統一及び最新の国際原子量表に基づく分子量等の再計算を行い,規定が変更されました。

 

3.賦形物質のリスト化

 飼料添加物ごとに個別に規定されている賦形物質のうち,安全性が高く評価を要さないと考えられる賦形物質をリスト化し,リストの範囲内の賦形物質については,食品安全委員会等の評価を経ることなく使えるように変更されました。