ORAC

試験概要

アメリカ農務省(USDA)で開発された抗酸化力評価法です。AAPHから発生したラジカルの消去能を抗酸化力として評価します。弊財団では50%エタノールでの抽出液について測定を行います(「ORAC」)。またそれとは別にUSDAの方法に準じて,水溶性(H)-ORACと脂溶性(L)-ORACをそれぞれ抽出・測定して算出する「Total-ORAC」も受託しています。

 試験方法

AAPHと蛍光物質であるフルオレセインを混合すると,AAPHから発生したラジカルによってフルオレセインが分解され,その蛍光強度は弱くなります。この蛍光強度の衰退時間をマイクロプレートリーダーで経時的に測定し,得られた測定時間と蛍光強度のグラフから抗酸化力を評価します。抗酸化力は抗酸化物質の一種であるトロロックス量(μmol)に換算して算出します。単位はμmolTE/gを用います。

 ORAC.jpg

図-1 ORACの原理

料金など

  • 試験料金:2万2千円(税抜き)から

    DPPHラジカル消去活性とORAC(50%エタノール抽出法)と同時にご依頼の場合はお問い合わせください。

  • 試験期間:8日間(営業日)
  • 必要量   :約20g

注意点など

Total-ORACの試験対象品は,凍結乾燥品または粉末のみです。トマトのリコピンやニンジンのβカロテンのようなカロテノイド類由来の抗酸化力の評価はできません。

 

 試験設計など詳細につきましては別途お問い合わせください。