CODEX / FDA グルテンフリー表示に関する検査のご案内

  グルテンフリー食品は元来セリアック病やアレルギーを患う人々を対象として徐々に普及が進んできたものです。近年,米国を中心としてグルテンフリー食品市場は急成長を遂げており,その需要は増え続けています。このような中,2013年8月2日FDA(米国食品医薬品局)は任意の食品表示に用いるグルテンフリーの新規則を制定しました。
  また,CODEXでは小麦不耐症患者及びセリアック病患者のための病者用食品に関して,グルテンフリー食品や低グルテン食品等を表示するための基準を定めており,EUをはじめとした諸外国でもグルテンフリー表示の基準として採用されています。

  弊財団では,FDA食品ラベル表示規則やCODEX規格に対応した,食品のグルテンフリー表示に関する検査を受託しております。

ご注意

  ・グルテンフリーの表示制度は日本におけるアレルギー表示制度とは異なります。
  ・日本ではグルテンフリーの表示に関する制度はありません
  微量のグルテンを検出する試験です。グルテンを成分とする食品(小麦粉等)には適用できません。

QR.jpg

                                                    印刷物からWebへアクセス頂く際は
                                                    こちらのコードをご利用頂けます。

試験法について

検査キットは2種類あります。ご依頼の際はいずれかをご指定下さい。
ただし,検体がオーツ麦を含む場合はRIDASCREEN Gliadin[R-Biopharm AG]をご指定下さい。

Wheat/Gluten (Gliadin) ELISA Kit[株式会社 森永生科学研究所]FDA規格にのみ対応しています。

RIDASCREEN Gliadin[R-Biopharm AG]FDA規格,CODEX規格のいずれにも対応しています。

検査キット

Wheat/Gluten (Gliadin) ELISA Kit
[株式会社 森永生科学研究所]

RIDASCREEN Gliadin
   [R-Biopharm AG]    

分析方法 ELISA法
定量範囲 2~30 ppm 5~80 ppm注1
対応する規格

FDA

FDA 及び CODEX
期間(営業日)注2

普通:11日間
(至急:6日間)

検査キット入手後11日間注3
分析料金 普通

           1検体目:110,000円
           2検体目以降:30,000円/検体

至急

  1検体目:125,000円
  2検体目以降:45,000円/検体

注1: CODEX規格における低グルテンの判定(20~100 ppm)をご希望の場合は別途お問合せ下さい。
注2: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
注3: 海外製の検査キットを使用するため,キットの発注から入手まで数週間を要する場合があります。
また,至急対応は行っておりません。

 

結果の表記

  ・定量下限を下回る場合は,結果を「検出せず」としてご報告致します。
  ・定量範囲内の場合は,得られた数値「○○ ppm(またはmg/kg)」をご報告致します。
  ・定量範囲を超えた場合は「○○ ppm(またはmg/kg)以上」としてご報告致します。

ご依頼に関して

 検体必要量

1食分毎の単位にて50 g以上をご用意願います。
1食分が少量の場合は,合わせて50 g以上となるようにご用意下さい。
原料の場合は50 g程度をご用意下さい。

 試験結果について

試験結果はご提供いただいた検体についての結果となりますので,当該検体の母集団を保証するものではありません。

 分析不能について

タンパク質分解酵素や,ポリフェノールのようにタンパク質を吸着する性質を持つ物質は,試験に対する妨害物質として作用し,試験結果に影響を与えることがあります。そのため,"これらのもの"及び"これらを含む検体"では信頼性のある結果が得られない場合があり,その場合には「分析不能」として結果を報告させていただきます。
なお,試験結果に影響を与える物質は多種存在いたしますが,すべての物質が明らかにされているわけではありませんので,ご依頼をいただいた段階で試験結果(分析不能)を予測することは出来ません。また,「分析不能」とご報告をさせていただいた場合でも規定の試験料金を申し受け致します。
予めご理解,ご承知おきの程お願い申し上げます。 

 成績書

成績書がお手元に届くまでには,各項目の説明でお示しした"期間"に加えて郵便等による移送の日数がかかります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

参考

グルテンとは?

 グルテンとは穀類特有の網目構造を有するタンパク質です。穀類に含まれている
 グルテリン系タンパク質(小麦の場合グルテニン)とプロラミン系タンパク質(小麦の場合グリアジン)
 を水分の存在下で捏ねることにより形成されます。

gluten 1.jpg

  また,グルテリン系タンパク質及びプロラミン系タンパク質は小麦以外の麦にも含まれています。

gluten 2.jpg

グルテンフリーの表示規則

  FDA(米国食品医薬品庁)が2013年8月2日制定した任意の食品表示に用いるグルテンフリーの
新規則では,小麦やライ麦等に含まれるタンパク質の一種であるグルテンの含有量が20 ppmよりも
少ない場合に「グルテンフリー」の表示が可能となります。
  また,2008年にCODEX委員会が規定した規格(CODEX STAN 118-1979:グルテン不耐症の人向け特殊用途食品の使用に関する規格)では,グルテンの含有量が全体で20 mg/kg未満の食品については「グルテンフリー」の表示が可能となります。