GMO(遺伝子組換え食品検査)

お預かりした検体中の遺伝子組換え作物の混入の有無を検査します。

定性試験

お預かりした検体中に遺伝子組換え作物が混入しているかどうかを検査致します。
試験の詳細につきましては,下の表の中からご覧になりたいものをクリックしてください。

対象作物品 種期間(営業日)*1分析料金*2*3
原料加工品
anchor link ダイズ Roundup Ready Soybean(RRS) 普通:9日
(至急:6日)

30,000円
(45,000円)

35,000円
(52,500円) 
anchor link トウモロコシ スクリーニング 30,000円
(45,000円) 
35,000円
(52,500円) 
CBH351(スターリンク)

30,000円
(45,000円) 

35,000円
(52,500円) 
 スクリーニング
+CBH351(スターリンク)
40,000円
(60,000円) 
45,000円
(67,500円) 
Bt10 30,000円
(45,000円) 
------
anchor link ジャガイモ New Leaf Plus
New Leaf Y
30,000円
(45,000円) 
35,000円
(52,500円) 
anchor link パパイヤ 55-1 65,000円
(97,500円) 
65,000円
(97,500円) 

PRSV-YK

1品種:65,000円
        (97,500円)

2品種:90,000円
      (135,000円)

3品種:115,000円
       (172,500円) 

1品種:65,000円
         (97,500円)

2品種:90,000円
        (135,000円)

3品種:115,000円
        (172,500円) 

PRSV-SC 

PRSV-HN

anchor link コメ 63Bt
NNBt
CpTI
65,000円
(97,500円)
65,000円
(97,500円)

functionality2-1

*1: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
*2:

1検体1検査対象の税抜単価となります。括弧内は至急料金(普通分析料金の5割増)となります。

*3:

加工食品については,加工の度合いにより「DNAが残存していない場合」や「DNAの抽出が不可能な場合」が考えられます。その場合も抽出料金として25,000円(税抜き)を請求させて頂きます。ただし,パパイヤ及びコメにつきましては,分析料金と同額となります。


 定量試験

お預かりした検体中の遺伝子組換え作物の混入率を測定致します。

対象作物*1品 種期間(営業日)*2分析料金*3
anchor link ダイズ Roundup Ready Soybean(RRS) 普通:9日
(至急:6日)

1品種:60,000円(90,000円) 

2品種:75,000円(112,500円)

3品種:90,000円(135,000円)

Liberty Link Soybean(LLS)
Roundup Ready 2 Yield(RRS2)
anchor link トウモロコシ スクリーニング*4 75,000円(112,500円)
MON810

1品種: 65,000円(90,000円) 

2品種: 85,000円(127,500円)

3品種:105,000円(157,500円)

4品種:125,000円(187,500円)

5品種:145,000円(217,500円)

T25
GA21
Bt11
Event176

GMO-PCR.jpg

*1: 対象は原料のみで,加工食品は対象外です。
*2: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
*3:

1検体1検査対象の税抜き価格となります。括弧内は至急料金(普通分析料金の5割増)となります。

*4:

遺伝子組換えトウモロコシに広く導入されているCaMV35S-pro及びGA21品種を対象として定量を実施致します。

 

ダイズ

定性試験

【対象品種】

Roundup Ready Soybean(RRS)

【分析試料の範囲】

生(乾燥)ダイズ及びダイズ加工食品(豆腐,豆腐加工品,凍豆腐,おから,ゆば,枝豆,大豆もやし,納豆,豆乳,味噌,煮豆,大豆缶詰,きな粉,煎り豆など)

【検体必要量】

生(乾燥)ダイズは1 Kg以上。その他は100 g以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

PCR法
独立行政法人 農林水産消費安全技術センター:“JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル 第3版”(2012)に基づいて試験を実施します。

  

 

  


・定量試験

【対象品種】

   Roundup Ready Soybean(RRS)
   Liberty Link Soybean(LLS)
   Roundup Ready 2 Yield(RRS2) 

【分析試料の範囲】

   生(乾燥)ダイズ
   ※加工品は対象外です。 

【検体必要量】

   1 Kg以上。
   ※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

   リアルタイムPCR法
   安全性審査済みの組換えDNA技術応用食品の検査方法について(平成24年消食表第201号)及び
   独立行政法人 農林水産消費安全技術センター;JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検
   査・分析マニュアル 第3版(2012)に基づいて試験を実施します。

 

 

トウモロコシ

・定性試験

【対象品種】

4種類の試験がありますので,用途に応じてご利用下さい。
 ・スクリーニング
 ・CBH351(スターリンク)
 ・Bt10
 ・その他品種特異的同定試験

スクリーニング

遺伝子組換えトウモロコシに広く導入されているcauliflower mosaic virus 35S-promoter及びAgrobacterium tumefaciens由来nopaline synthase terminatorのDNA配列の有無を確認します。
検査は以下の品種とそれらを掛け合わせた品種の検出試験となります。
どの品種が含まれているかは判別できません。

陽性となった場合には,いくつかの品種についての同定検査や定量試験も承っておりますので,
合わせてご利用下さい。

【分析試料の範囲】

生(乾燥)トウモロコシ,冷凍・缶詰トウモロコシ,コーングリッツ,コーンスターチ,コーンフラワー,
これらを原料とする加工食品(コーンスナック菓子,ポップコーンなど)及び飼料用トウモロコシ

【検体必要量】

生(乾燥)トウモロコシは1 Kg以上。その他は100 g以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

PCR法
独立行政法人 農林水産消費安全技術センター:“JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検
査・分析マニュアル 第3版”(2012)に基づいて試験を実施します。

CBH351(スターリンク)

我が国では安全性未審査であるために,食品及び飼料ともに使用が禁止されています。

【分析試料の範囲】

生(乾燥)トウモロコシ,冷凍・缶詰トウモロコシ,コーングリッツ,コーンスターチ,コーンフラワー,
これらを原料とする加工食品(コーンスナック菓子,ポップコーンなど)及び飼料用トウモロコシ

【検体必要量】

生(乾燥)トウモロコシは1 Kg以上。その他は100 g以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

PCR法
安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法について(一部改正)(平成28年生食発0330第16号)に基づいて試験を実施します。

Bt10

我が国では安全性未審査であるために,食品及び飼料ともに使用が禁止されています。

【分析試料の範囲】

乾燥トウモロコシ

【検体必要量】

1 Kg以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

PCR法
安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法について(一部改正)(平成28年生食発0330第16号)に基づいて試験を実施します。

その他異種特異的同定試験

 スクリーニング試験の結果,陽性の場合に何が入っていたかを確認する試験で,現在MON810, T25, GA21, Bt11, Event176の5品種とスターリンク種が可能です。

 

 

 

・定量試験

【対象品種】

   特定せず(スクリーニング);CaMV35S-pro
   Mon810
   T25
   GA21
   Bt11
   Event176 

【分析試料の範囲】

   生(乾燥)トウモロコシ
   ※加工品は対象外です。 

【検体必要量】

   1 Kg以上。
   ※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

   リアルタイムPCR法
   安全性審査済みの組換えDNA技術応用食品の検査方法について(平成24年消食表第201号)及び
   独立行政法人 農林水産消費安全技術センター;JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検
   査・分析マニュアル 第3版(2012)に基づいて試験を実施します。

 

 

ジャガイモ

・定性試験

【対象品種】

New Leaf Plus及びNew Leaf Y

【分析試料の範囲】

生ジャガイモ及びジャガイモ加工食品(スナック菓子など)

【検体必要量】

生ジャガイモは1 Kg以上。その他は100 g以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

PCR法
独立行政法人 農林水産消費安全技術センター;JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検
査・分析マニュアル 第3版(2012)に基づいて試験を実施します。

 

パパイヤ

・定性試験

【対象品種】

55-1
PRSV-YK
PRSV-SC 
PRSV-HN 

【分析試料の範囲】

生鮮パパイヤ及びパパイヤ加工食品(パパイヤ缶詰など)

【検体必要量】

生鮮パパイヤは1 Kg以上。その他は500 g以上。
※検体量が少ない場合はご相談下さい。

【試験方法】

55-1

リアルタイムPCR法
安全性審査済みの組換えDNA技術応用食品の検査方法について(平成24年消食表第201号)
及び独立行政法人 農林水産消費安全技術センター;JAS分析試験ハンドブック-遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル 第3版(2012)に基づいて試験を実施します。

PRSV-YK
PRSV-SC 
PRSV-HN 

リアルタイムPCR法
安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法について(一部改正)(平成28年生食発0330第16号)に基づいて試験を実施します。

 

コメ

・定性試験

【対象品種】

63Bt,NNBt及びCpTI

【分析試料の範囲】

米又は米を主原料とするもので,米粉やビーフンなど非加熱又は加熱程度の低い加工品。

【検体必要量】

120 g以上。

【試験方法】

リアルタイムPCR法
安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法について(一部改正)(平成28年生食発0330第16号)に基づいて試験を実施します。