食物アレルゲン検査(特定原材料・特定原材料に準ずるもの)

 食物アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち,症例が多いものや症状が重篤なもの
7品目を“特定原材料”とし,これらを含む加工食品には府令で表示が義務づけられています。
 また,過去に一定の頻度で健康被害が見られた20品目を“特定原材料に準ずるもの”とし,これらを
含む加工食品には通知で表示が推奨されています。
 弊財団では,「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」(平成22年9月10日消食表第286号)に
従った特定原材料の検出試験を受託しております。また,特定原材料に準ずるものの検出試験も受託し
ております。

特定原材料

卵,乳,小麦,そば,落花生,えび,かに

特定原材料に準ずるもの

オレンジ注1,りんご,キウイフルーツ,バナナ,もも,くるみ,大豆,

まつたけ注1やまいも,牛肉,鶏肉,豚肉,あわび,いか,いくら注1

さけ,さば,ゼラチン注1,ごま,カシューナッツ

注1: オレンジ,まつたけ,いくら,ゼラチンの4品目についての測定は受託しておりません。

 

分析試験依頼書<食物アレルゲン検査> ダウンロード 

 PDF PDF版 (168KB)

 Word Word版 (45.8KB)

 

bt_link_anchor 特定原材料 スクリーニング試験
bt_link_anchor 特定原材料 確認試験
bt_link_anchor 特定原材料 定量試験
bt_link_anchor 特定原材料に準ずるもの
bt_link_anchor ご依頼に際して
bt_link_anchor
 トピックス

印刷物からWebへアクセスいただく際は

こちらのコードをご利用いただけます。

QR_FA.GIF

特定原材料 スクリーニング試験


 ELISA法を用いて1.0~20.0μg/gの範囲で定量試験注1を行います。

検査対象 分析方法 期間(営業日)注3 分析料金注4

小麦

そば

落花生

ELISA法
・モリナガFASPEKエライザⅡ
・FASTKITエライザVer.Ⅲシリーズ

 

 

普通:11日

各38,000円

至急:6日

各57,000円

お急ぎでない場合はこちらをご覧ください

甲殻類注2 ELISA法
・甲殻類キットⅡ「マルハニチロ」
・FAテスト EIA-甲殻類Ⅱ「ニッスイ」
普通:11日 38,000円
至急:6 57,000円
お急ぎでない場合はこちらをご覧ください
注1: 特性の異なる2種類のキットを使用しますので,各キットの試験結果は一致しない場合があります。
注2: 甲殻類由来タンパク質を検出する試験です。「えび」,「かに」もしくは他の甲殻類との区別は出来ません。
注3: 成績書発行までの期間としてお示ししております。より短い期間で発行できる場合もございますが,具体的な日数は試験の状況によるためお示しいたしかねます。また,ご要望に応じて成績書発行前に「結果速報」のご連絡を行っております。
注4: 1検体1検査対象の税抜単価となります。


 結果の表記  
  2種のキットの測定結果をそれぞれ提出いたします。
  ・定量下限を下回る場合は,結果を「検出せず」としてご報告いたします。
  ・当該特定原材料が検出され,1.0~20.0μg/gの場合は,得られた数値「○○μg/g」を
   ご報告いたします。
  ・20μg/g以上の場合は「20.0μg/g以上」としてご報告いたします。 

特定原材料 確認試験

 スクリーニング試験(ELISA法)で特定原材料由来タンパク質が10μg/g以上検出された検体に対して
実施します。
 ウエスタンブロット法又はPCR法を用いて定性試験を行います。検出下限は約10μg/gです。

検査対象 分析方法 期間(営業日)注2 分析料金注3

ウエスタンブロット法
・モリナガFASPEK
 特定原材料ウエスタンブロットキット
普通:13日 各55,000円

小麦

そば

落花生

PCR法
・アレルゲンチェッカー
普通:9日 各55,000円
至急:6日 各82,500円
えび・かに注1 PCR法
・えび検出用プライマー
・かに検出用プライマー 
普通:9日 75,000円
至急:6日 112,500円
注1: かに陽性時に,追加試験を実施してシャコ含有の有無を確認することが可能ですが,別途費用が必要となります。
また,追加試験は通知に記載のない方法になりますので,ご相談下さい。
注2: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
注3: 1検体1検査対象の税抜単価となります。なお,「えび・かに」の試験のみは1検体2検査対象のセット料金となります。


 結果の表記  
  「検出する」または「検出せず」としてご報告いたします。
  定量試験ではありませんので,数値は得られません。  

特定原材料 定量試験

 スクリーニング試験の定量上限(20.0μg/g)を超える場合でも定量が可能です。注1,2

検査対象 分析方法 期間(営業日)注4 分析料金注5

小麦

そば

落花生

ELISA法
・モリナガFASPEKエライザⅡ
・FASTKITエライザVer.Ⅲシリーズ
普通:11日 各80,000円
甲殻類注3

ELISA法
・甲殻類キットⅡ「マルハニチロ」
・FAテスト EIA-甲殻類Ⅱ「ニッスイ」

普通:11日 80,000円
注1: 消費者庁の通知にはない試験法です。検体中のおおよそのタンパク質含量を調べる必要がある場合に
ご利用ください。
注2: 特性の異なる2種類のキットを使用しますので,各キットの試験結果は一致しない場合があります。
複数の希釈段階を設けて測定をいたしますが,それらの結果に整合性が得られず,「分析不能」となる
場合があります。また,検体中の対象物濃度が著しく高い場合には定量精度が低下する可能性があります。
注3: 甲殻類由来タンパク質を検出する試験です。「えび」,「かに」もしくは他の甲殻類との区別は出来ません。
注4: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
注5: 1検体1検査対象の税抜単価となります。


 結果の表記  
  2種のキットの測定結果をそれぞれ提出いたします。
  得られた数値「○○μg/g」をご報告いたします。 

特定原材料に準ずるもの

 指定20品目のうち16品目の検出試験を受託しております。
 ELISA法は原材料由来のタンパク質を測定する定量試験です。
 PCR法は原材料由来のDNAを測定する定性試験です。

検査対象 分析方法 期間(営業日)注2 分析料金注3

大豆注1

 

 

 
ELISA法
・FASTKITエライザVer.Ⅲシリーズ 

 

普通:11日

30,000円

 至急:6日

45,000円

PCR法
・アレルゲンチェッカー

 
普通:9日 45,000円

至急:6日

 67,500円

りんご

バナナ

もも

キウイフルーツ

くるみ

やまいも

牛肉

豚肉

鶏肉

さけ

さば

あわび

いか

PCR法
・アレルゲンチェッカー(もも以外)

・もも検出用プライマー(もも)

 

 

普通:9日 各45,000円

至急:6日

各67,500円

ごま

ELISA法
・FASTKITエライザVer.Ⅲシリーズ  
 普通:11日

1検体目:88,000円

2検体目以降:30,000円/検体

至急:6日

1検体目:103,000円

2検体目以降:45,000円/検体

PCR法
・アレルゲンチェッカー
 
普通:9日

45,000円

至急:6日

67,500円

カシューナッツ

お問合せ下さい お問合せ下さい お問合せ下さい
注1: 大豆及びごまの測定をご依頼いただく際は,ELISA法又はPCR法のいずれかをご指定ください。
注2: 成績書発行までの期間としてお示ししております。
注3: 1検体1検査対象の税抜単価となります。


 結果の表記(ELISA法)  
  定量下限を下回る場合は,結果を「検出せず」としてご報告いたします。
  ・当該特定原材料が検出され,1.0~20.0μg/gの場合は,得られた数値「○○μg/g」を
   ご報告いたします。
  ・20μg/g以上の場合は「20.0μg/g以上」としてご報告いたします。

 結果の表記(PCR法)  
  「検出する」または「検出せず」としてご報告いたします。
  定量試験ではありませんので,数値は得られません。 

ご依頼に際して 

 検体必要量 
   1食分毎の単位にて50g以上をご用意願います。1食分が少量の場合は,
  合わせて50g以上となるようにご用意下さい。原料の場合は50g程度をご用意ください。
  なお,確認試験又は定量試験をスクリーニング試験から引き続きご依頼いただく場合には,
  再度ご用意いただく必要はございません。

 試験結果について 
   試験結果はご提供いただいた検体についての結果となりますので,当該検体の母集団を
  保証するものではありません。

 分析不能について 
   タンパク質分解酵素や,ポリフェノールのようにタンパク質を吸着する性質を持つ物質は,
  試験に対する妨害物質として作用し,試験結果に影響を与えることがあります。
  そのため,“これらそのもの”及び“これらを含む検体”では信頼性のある
  結果が得られない場合があり,その場合には「分析不能」として結果を報告させていただきます。
  なお,試験結果に影響を与える物質は多種存在いたしますが,すべての物質が明らかに
  されているわけではありませんので,ご依頼をいただいた段階で試験結果(分析不能)を予測する
  ことは出来ません。また,「分析不能」とご報告をさせていただいた場合でも規定の試験料金を
  申し受け致します。
   予めご理解,ご承知おきの程お願い申し上げます。

 成績書 
   成績書のイメージはこちら(PDF)よりご覧になれます。
   成績書がお手元に届くまでには,各項目の説明でお示しした“期間”に加えて郵便等による
  移送の日数がかかります。

 石鹸・化粧品などを対象とした検査について 

    特定原材料 スクリーニング試験は,食物アレルギーを持つヒトが,食品の中に自分が反応する
   アレルギー物質を含むのかどうかを判断し,摂取可能な食品を選別するための情報を提供するため
    の試験であり,石鹸や化粧品などが使用者に対してアレルギーを引き起こすか否かを判断することは
  出来ません。

    なお,検体が感作性(新たにアレルギーを引き起こす性質)を持つかどうかを推測するための試験
   として皮膚感作性試験がございます。 

 

トピックス

 食物アレルゲン検査について,ご依頼の際にお役に立つ情報を掲載していきます。

  第1回 分析不能について
  第2回 定量下限について
  第3回 実験器具の洗浄とライン洗浄水等の検査について
  第4回 よくあるご質問①
  第5回 よくあるご質問② 
   第6回 よくあるご質問③

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。